DVに関する勉強横の戦術は!?

年中報せを見ていると、イジメが絶えないなぁと感じます。
以前も報せを見ていたら、どっかの授業でイジメがあったものの、
授業位置づけが重大用事だと認識していなかったとのことで、伝授委員会に伝言を挙げなかったというのです。
授業位置づけがイジメがあると認識したのは、まさにイジメが始まってから半年ほどたってからだということでした。
そのイジメがあったといった認識するのものろいのですが、再度スキームにのぼり生まれるまでの期間もかなり長いと感じますよね。
どう授業位置づけは一気に伝言をしなかったのでしょうか。
さすが、授業位置づけのドクターも学徒を伝授しなければならないという身分であるので、
ただ習得を教えれば相応しいというわけではなく、悪いことをしたら悪いことだと叱ることも大事だと思います。
責務伝授が終われば、そんなところまで教師に指令させる必要はない!という方もいるかもしれませんが、
やはり、教師である以上、高校生のドクターだろうが、担当授業のドクターだろうが、カレッジのドクターだろうが、
学業以外にも、大人としての儀礼を教えるべきだと思うのです。
授業位置づけは学徒同士で勝手にやることだからと、首を突っ込まないようにしていたのでしょう。
学徒同士で克服できなければ、成人が首を突っ込むしかないのです。
ハイスクールともなれば、とうに成人ですので、己らで解決できると思いたいのですが、
では温かく見守り、でも克服できないようであれば教師が仲を取り持つことをしなければいけないと思います。

毎年民衆をにぎわせる「イジメマイナス」。
いつになってもイジメはなくならないですよね。
も、何でイジメは起こってしまうのでしょうか。
小学生や中学生、高校生となると全校で多いところは1000ユーザー傍らいるのでしょう。
ほとんど数多くの学徒がいれば、確かに何らかの問題が起こっても仕方ない意味なのかもしれません。
どこまでをイジメだと認識するのかにもよるかもしれませんが、要はセクハラと同じように
イジメをされているユーザーのこどもが、それを達することによって不快ですなとか、危惧ですなとか受けとるようであれば
最適イジメになるのかもしれません。
いじめるこどもにも問題がありますが、いじめられるこどもにもなにか原因があるはずです。
いかにも周りのこどもは少々違って、飛びているからこそ除け者にしたくなる・・
自分と同じにできないから、目障りになってイジメをしてしまう・・
ないしは、いじめられるこどもがあまりにも可愛かったり、イケていたり、脳裏がよかったりという
周りに比べると全体がダントツであり、それを僻むことによってイジメが起こる・・
なんてこともあるかもしれません。
かといって、いじめられる方もどうすることもできないでしょう。
下手に何か口にしたら、それが余計に腹立つ!などと言われてしまうかもしれないし、
黙っていたら黙っていたで、ついに言え!といった罵られるかもしれません。
下手に手向かうよりも、取り敢えずドクターや身内に相談するのがいいのかもしれません。アリシアクリニック池袋のキャンペーン予約はこちら!